不安と向き合う前にやるべきこと

もしあなたが、1日の中で不安を感じている時間が大半を占めるのであれば、まずやるべきことはゴールを設定することです。
 
もちろん、現実的な対抗策を設定することも必要です。
 
しかし、もし自分にとって「心から嬉しい未来」を設定できていないのであれば、対抗策を実行するエネルギーは生まれません。
 
「不安な現状」を維持するよう、無意識は働きます。
だけでなく、根拠の曖昧な「漠然とした不安」を感じることが増えるでしょう。
 
それはかなり危険な状態だと言えます。
 
 
人間は意識を向けている方向に向かうようにできています。
それが嬉しいものであれ、悲惨なものであれ。
 
 
「心から嬉しい未来」に臨場感を持つ時間が長いほど、無意識はそれを作り出すためにクリエイティブに働きます。
 
その状態で「自分が現実だと思っているもの」に向き合ってみてください。
 
「不安がなくなった状態とは具体的に何がどうなった状態なのか」ってことが具体的にイメージできるはずです。
 
それで初めて、不安を解決する具体的手段と行動に向かうエネルギーが生まれます。
 
 
不安と戯れるのは危険なのでやめましょう^^